れもんちゃんの事

仕事場では避妊手術をした野良猫さんにご飯をあげているのですが
ふと気づくと灰色の成猫よりは小さい猫がご飯を食べていて
「どこの子だい?」って話しかけてみると「フ〜ッ!!」
警戒しているみたい。
でもその場から立ち去る事も無くうずくまってじっとしているので
こちらも根気よく話しかけてみる。
「どうしたんだい?怖くないよ。」
暫くそんな事をやっていたら少し気を許したのか
立ち上がってそろそろと仕事場の中に入って来た。
でも立ち上がった時に目に入ったその子の足は毛がずるっと抜けていてなんとも痛々しい。
一瞬ドキッとするくらいの状態。
そっと触って見ると骨がごつごつと痩せ細っている。
段ボール箱にシートを引いて近くに置くとすんなりそこへ入ってうずくまっている。。
少し安心したネコは起きて私にすり寄って来た。
見捨てられない。
放っては置けないので連れて帰ることに。
病院へ連れて行って検査してもらうと皮膚病では無く
毛が粘着剤か何かで引っこ抜けたのだろうと。
歳は7、8ヶ月位だと。
どれほど痛い思いをしたんだろうと想像すると辛くなる。
とてもおとなしくってご飯を食べる時以外は眠って動かない。

両足がこの状態。
RIMG0445_convert_20120627220912.jpg

万が一飼い猫だった場合も考えて2、3日は近所に張り紙が無いか探したり
動物病院の掲示板を見たりインターネットの迷子ネコのサイトを見たけれど無い。

・・・ということで晴れて?我が家のネコになったのです。
れもんちゃんという名前は5才の姪っ子が付けました。

今は大分良くなった足。
RIMG0393_convert_20120627221002.jpg

ちなみに今現在、食欲旺盛。体重もみるみる増えてバッタバッタと走り回って遊んでいます。
家にくる前にどれだけ辛い思いをしていたんだろうか。
ひたすら眠って体力を回復させていたんだね。

スポンサーサイト
プロフィール

すみ田 理恵

Author:すみ田 理恵
猫や
やきもの(陶芸)で猫作ってます

最新記事
カテゴリ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ランキングぽちっとな
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR